実は全く別物! ビフィズス菌と乳酸菌では大腸内での重要度が段違いに違う!!

お腹に良いとは言うけれど、ビフィズス菌と乳酸菌は一体どう違うのか、イマイチよく分からない。

 

そんな方は多いのではないでしょうか。

 

ビフィズス菌と乳酸菌の違いや、大腸内でのそれぞれの活躍についてご紹介します。

 

>>人気のビフィズス菌サプリのランキングを見てみる


 

違い1:大腸の中での菌の数と割合が違う!

ビフィズス菌も乳酸菌も、腸内環境を整えるのに役立つ重要な存在であることに変わりはありません。

 

その違いは働きや住みかの他、ヒトの腸内に住んでいる数や割合があげられます。

 

ビフィズス菌はおもに大腸に住んでおり、1~10兆個にも及びますが、これに対し小腸にも大腸にも住んでいる乳酸菌は、わずか1~1,000億個です。

 

割合に表すと、ビフィズス菌が99.9%で乳酸菌は0.1%程度になります。

 

 

不思議なことに、大腸よりも長い小腸に住むことのできる乳酸菌よりも、おもに大腸に住んでいるビフィズス菌のほうがはるかに多い数なのです。

 

しかし、善玉菌の大半を占めるビフィズス菌は加齢とともに減少し、悪玉菌が増加しやすい環境になってしまいます。

 

高齢者の中にはビフィズス菌がわずが1%しかいない例もあり、ビフィズス菌の減少がお腹以外の全身の健康状態にまで影響しているのでは、と考えられています。

 

違い2:腸で作る代謝副産物が違う!

どちらも善玉菌として悪玉菌の増殖を抑えたりしてくれる役割は同じですが、効果の範囲が違います。

 

代謝によって乳酸菌は乳酸しか生成できない一方、ビフィズス菌は乳酸菌と酢酸を生成できる特徴を持っています。

 

酢酸はその強い酸性で抜群の殺菌力を発揮し、身近なものでいえばO-157感染死のリスクを下げる実験結果が発表されました。                                                                                                 

 

ビフィズス菌が生成する酢酸は、O-157感染によって起こる腸管のダメージ(炎症)を抑制します。

 

小腸の終わりから大腸の範囲をさす「腸内フローラ」のバランスが崩れそうになるのを防いでいるのも、ビフィズス菌のはたらきです。

 

ビフィズス菌は酢酸の他、ビタミンB郡や葉酸なども生み出すことができ、カルシウムの吸収促進を促す種類のビフィズス菌も存在します。

 

効果もそれぞれで、粘膜を癒やすのに長けたもの、がんの発生防止効果が期待できるもの、花粉症などのアレルギーを抑制できるビフィズス菌もいます。

 

コレステレロールの低下を促してくれることや、腸内環境改善から便秘解消を手伝ってくれる点は、便秘で悩む女性に最適です。

 

ビフィズス菌の種類はヒト以外の動物の腸に住んでいるものも含めると、現在50以上の菌種類が発見されています。

 

その中でヒトの体内に住んでいるのは、わずか10種類。

 

乳酸菌とビフィズス菌の代謝物の違い(酢酸を生成するかしないか)だけではなく、自分の体質や目的に合ったビフィズス菌を探してみましょう。

 

腸内フローラ(小腸の終わりから大腸の細菌群)に悪玉菌よりも善玉菌の数や種類が多くなれば、腸を原因とする病気や症状の予防にもなります。

 

とくに、乳酸菌よりも多く割合を占めるビフィズス菌を積極的に摂取することが重要です。

 

>>人気のビフィズス菌サプリのランキングを見てみる


 

酢酸が大腸で果たす役割とは

 

ビフィズス菌が生成するおもな成分は、乳酸と酢酸。

 

このうち、酢酸は乳酸以上の殺菌力で腸内を守ってくれます。

 

しっかりとビフィズス菌の酢酸や多くの善玉菌の乳酸により、腸内の悪玉菌が退治されていくと、腸内環境は酸性に傾きます。

 

酸性に傾いた腸内フローラでは、悪玉菌が増殖しにくくなります。

 

ビフィズス菌がしっかりと酢酸を作り、酸性に傾いた腸内環境なら、便秘で悩まずに済みます。

 

悪玉菌が減るため、悪玉菌が代謝を行う際の有毒ガスの発生も抑えることとなり、全身に腸壁を介して毒素を巡らせる危険がなくなりました。

 

O-157など、炎症を引き起こす菌に対する抵抗力もあがるため、酢酸が多く生成されている腸は善玉菌にとって住みやすい環境であり、健康的な状態でもあります。

 

ビフィズス菌を手軽に摂取するにはサプリがおすすめ!

 

ヒトの体内に住んでいるビフィズス菌の種類は、現在10種類ほど。

 

全体の数と比べると少なく感じますが、それぞれ特徴や役割が異なっていることを思うと、自分に合ったものだけを口にしたいものです。

 

しかし、乳酸菌やビフィズス菌入りの食品などを選んで食べ続けるのは、簡単ではありません。

 

そこで、食品よりも手軽に複数の種類のビフィズス菌を摂取できるサプリメントを試してみてはいかがでしょうか。

 

サプリメントなら手軽に摂取できるうえ、食事の献立てなどに影響しません。

 

ビフィズス菌と一緒にエサとなるオリゴ糖や、乳酸菌、別の栄養成分も配合されているサプリメントを活用すれば、便秘以外の悩みも解消できます。

 

便秘や腸内環境など、お腹のことで悩んでいる方は、一度ビフィズス菌入りのサプリメントを試してみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

ビフィズス菌も乳酸菌もお腹の調子を整えてくれる嬉しい成分ですが、体内での割合が圧倒的に多いのは、ビフィズス菌です。

 

全体のわずか0.1%ほどしかない乳酸菌を頑張って摂取するより、もともと数の多いビフィズス菌を意識して摂取しましょう。

 

腸内フローラを善玉菌の多い状態にするためにも、改めてビフィズス菌の摂取方法を見直してみてはいかがでしょうか。

 

>>人気のビフィズス菌サプリのランキングを見てみる



page top