くるポンタブレットの効能・成分【効果なし? 口コミ・評判・最安値まとめ】

現代は便秘で悩む子どもも多く、なんとかしてあげたいのが親心。

 

とはいえ、市販薬を使うのは心配です。

 

くるポンタブレットは親子で飲めることをウリにしていますが、本当に子どもに与えて問題ないのか、成分や口コミを徹底調査してみました。

 

大人にもちゃんと効果はあるのかどうかもご紹介します。

 

>>人気のビフィズス菌サプリのランキングを見てみる


 

くるポンタブレットのすごい成分とは?オリゴ糖の種類に注目

くるポンタブレットの成分は、以下のとおりです。

 

  • 乳果オリゴ糖
  • フラクトオリゴ糖
  • ガラクトオリゴ糖
  • キシロオリゴ糖
  • ビートオリゴ糖
  • 食物繊維(難消化デキストリン)
  • ビタミンC
  • マルチトース
  • ラカンカ
  • キシリトール
  • 高密度濃縮乳酸菌(エンテロコッカス・フェカリス)
  • カルシウム

 

ポイントは、オリゴ糖が複数種類入っていること。

 

実は、オリゴ糖は総じてお腹に良いものと認識されていますが、こまかなはたらきは種類ごとに異なります。

 

乳果オリゴ糖は乳糖と砂糖からできているもので、母乳にも含まれています。

 

難消化性糖質を含むことから大腸まで届きやすいのが特徴です。

 

ビフィズス菌を増やす他、カルシウムの吸収を促進する効果が報告されています。

 

フラクトオリゴ糖はハチミツや玉ねぎなどにも含まれているオリゴ糖です。

 

善玉菌増加で即効性を期待するなら、このフラクトオリゴ糖は最適です。

 

広範囲の善玉菌に効果を発揮するため、他のオリゴ糖で効果を実感できなかった方もフラクトオリゴ糖なら嬉しい効果を得られるでしょう。

 

キシロオリゴ糖は、自然界ではトウモロコシやたけのこに少量ながら含まれています。

 

カルシウムの吸収を促進する他、便の水分量を理想的な量にしてくれます。

 

便秘がちな方は便が長く腸に留まって硬くなりがちなので、水分を含ませてくれるキシロオリゴ糖がおすすめです。

 

ビートオリゴ糖はビート(甜菜)という野菜から抽出したオリゴ糖で、稀少なオリゴ糖であるラフィノースを含んでいます。

 

酸に強いため大腸に届きやすく、ビフィズス菌の増加に貢献します。

 

これら5種類のオリゴ糖が含まれているため、腸内環境を整えやすくなっています。

 

オリゴ糖に種類があるように、ビフィズス菌など腸内の善玉菌にも種類があり、エサとして食べるものも異なります。

 

フラクトオリゴ糖が多くの善玉菌をカバーしてくれますが、さらに4種類のオリゴ糖が加わることで、より多くの善玉菌を増やす効果が期待できるのです。

 

さらに便をかさ増ししたり、水分を含ませてくれたりする食物繊維や、善玉菌を増やしてアレルギーを緩和してくれる乳酸菌(エンテロコッカス・フェカリス)を配合。

 

甘味料も天然由来のものを使っています。

 

マルチトースは麦芽糖由来、キシリトールもイチゴなど自然界由来の成分です。

 

ラカンカも羅漢果という名の果実から抽出したもので、人工甘味料を使っていません。

 

子どもに与えるものは成分レベルで気をつけているお母さんも、安心してくるポンタブレットを子どもに与えられます。

 

妊婦さんが注意すべき成分が入っていないため、子ども以外に妊婦さんや授乳中のママさんも問題なく食べることが可能です。

 

くるポンタブレットで改善できる症状と子どもにおすすめの理由

くるポンタブレットに含まれるオリゴ糖は、ビフィズス菌を増やしたり便の水分量を増やしてくれたり、腸内環境を整えるはたらきをサポートしてくれます。

 

複数のオリゴ糖を乳酸菌とともに摂取できるくるポンタブレットを食べ続けて腸内環境が良くなってくると、以下のような症状の改善が期待できます。

 

  • 便秘解消
  • がん
  • 免疫力アップ
  • 小児アレルギー
  • 糖尿病
  • 肥満

 

腸内環境が良くなると、スムーズな排便につながります。

 

腸の運動を正常化してくれるので、便が留まって水分が抜け、硬くなることもありません。

 

異常な発酵で腸内がガスでいっぱいになることも避けられます。

 

腸内に悪玉菌が多いと、発がん性物質など有毒物質を生み出し、腸を炎症させます。

 

大人の場合、大腸がんの原因のひとつがこの腸炎によるものです。

 

腸から血管へ入り込み、全身に有毒物質が流れれば、腸以外の部位でもがんを引き起こしてしまいます。

 

大腸がんは子どもには起こりにくいのですが、血液のがん(急性リンパ性白血病など)のリスクがあります。

 

発がん性物質を全身に巡らせてしまう悪玉菌は、大人だけでなく子どもにとっても軽視できない存在です。

 

腸内細菌はセロトニンの合成にも役立っています。

 

悪玉菌を減らし、セロトニンを合成する善玉菌を増やすとポジティブな思考をつくれるようになります。

 

免疫力を左右するもののひとつが、精神状態です。

 

ストレスが多いと免疫力は衰え、鬱状態になりますが、セロトニンでストレス耐性をアップさせれば免疫力の低下を防げます。

 

また、ビフィズス菌が生み出す酢酸も免疫力アップに欠かせません。

 

酢酸は腸の粘膜を保護してくれる他、強い殺菌力で病気になるのを防いでくれます。

 

たとえば、2011年には東京大学などが「ビフィズス菌の酢酸がO157への感染を抑止する」と発表しました。

 

ここで重要なのは、すべてのビフィズス菌がO157感染を予防できるわけではないということ。

 

ビフィズス菌によって抵抗力を持つ細菌は異なります。

 

そのため、できるだけ多くの種類のビフィズス菌を腸内に住まわせておかなくてはなりません。

 

くるポンタブレットは複数のオリゴ糖を配合することで、より多くの種類のビフィズス菌や乳酸菌を増やせるようにできています。

 

免疫力をアップさせるには心強い成分構成です。

 

ちなみに、子どもの腸内のビフィズス菌を減らしてしまう原因は大人と同じく食事にある他、抗生物質があげられます。

 

イギリスで行われた研究によると、2歳までに抗生物質を投与された子どもは小児ぜんそくの発症率が高かったそうです。

 

通常は加齢とともに減っていくビフィズス菌を、抗生物質が減らしてしまうために、幼いうちから腸内環境が乱れてしまうのです。

 

結果、ぜんそくなど小児アレルギー症状が出るリスクが高くなります。

 

腸内フローラが健全だと、ぜんそく以外のアレルギー症状も抑制できることが分かっています。

 

たとえば花粉症は一種のアレルギー反応。花粉症予防に腸内環境を整えることは、近年では当たり前のようになってきています。

 

この他、糖尿病や肥満予防にも腸内環境が役立つと考えられています。

 

腸内環境が悪い子どもは1型糖尿病の発症リスクが高く、逆に多くの種類の乳酸菌を摂取すると糖尿病リスクが66%にまで低下したという研究があります。

 

くるポンタブレットの口コミ・評判をママ目線で検証

くるポンタブレットの成分はかなり期待できるものばかり。

 

では、実際に食べてみた方は効果を実感できたのでしょうか。

 

子どもに与えている方や親子で食べている方の、ママ目線での口コミを検証してみました。

 

とくに多かった良い口コミとイマイチな口コミは、以下のとおりです。

 

味について

子どもが続けやすいものでなければ、続けさせるのは難しいものです。

 

調べた結果、「くるポンタブレットはヨーグルト味なので、子どもがおやつ感覚で食べてくれる」という評価が多かったです。

 

子どもの便秘の原因のひとつは、野菜嫌いによる食物繊維など必要な栄養が不足していること。

 

とある読モの息子さんも野菜嫌いで便秘気味だったそうですが、くるポンタブレットを与えると、お菓子だと思い喜んで食べてくれたとのこと。

 

一方、甘さ控えめなので「食べてくれない」というイマイチな口コミもありました。

 

食べる子と食べない子の違いを見てみると、その差は普段の食生活にあるようです。

 

普段から虫歯予防などで甘いお菓子を控えている家庭のお子さんは、くるポンタブレットの自然素材による優しい甘さがちょうど良いと感じます。

 

子どもだからお菓子を食べたがるのは仕方ない、ととくに甘いものを制限していない家庭のお子さんは、オリゴ糖の甘さでは不十分に感じるようです。

 

しばらく砂糖入りの甘いお菓子をひかえて、自然な甘さのものを中心に食べさせるようにすると、くるポンタブレットの甘さにも慣れていきます。

 

「甘くない、おいしくない」と子どもが言う場合は、普段与えているお菓子を見直してみてはいかがでしょうか。

 

食べやすさ

くるポンタブレットの食べやすさで評価されているのは、水なしでポリポリ食べられることです。

 

錠剤のように水で流し込む必要がないので、飲むのに苦労したり喉に貼りついたりする心配がありません。

 

食感も硬すぎず、市販のラムネ菓子のような感覚で食べられます。

 

砂糖不使用で虫歯になりにくいキシリトールなどの天然甘味料を使っていることから、外出先のすぐに歯磨きできないシーンでも与えられます。

 

イマイチな口コミでは、むしろ噛んで食べることに不便さを感じている声がありました。

 

とくに「甘くない、おいしくない」と食べたがらない子どもの場合、ジュースに混ぜられる粉末タイプのほうが良かったのでは、というママさんも。

 

また、ヨーグルト味がネックになっている子どももいるようです。味のバリエーションを期待する声がありました。

 

ただし、味の問題を抱えていた人の中には、「毎日与えていると、味に慣れたのか今ではおいしいと食べてくれるようになった」というケースもありました。

 

最初のうちは食べたがらなくても、食べているうちに味に慣れてもらえれば続けられるかもしれません。

 

効果について

早い人では、食べさせて翌日から効果を実感したそうです。

 

薬のように腹痛を感じることがなく、自然なお通じで出るようになる点を評価している声もありました。

 

効果がないと思った方の口コミもあります。

 

「一応、効果はあったけれど思ったほど即効性がなかった」「効果はあるけれど、劇的な変化ではなかった」などです。

 

一定の効果は認めつつ、期待通りではなかった点に不満を感じた人もいます。

 

健康食品の効果は、体質ごとに異なるのが当たり前。

 

腸内環境から改善する必要があったり、もともと腸内にいるビフィズス菌の種類が少なかったりすると、人よりも効果を得られるのが遅くなります。

 

くるポンタブレットは複数の種類のビフィズス菌を増やせる成分構成ですが、もとから腸内にいなければ効果が出にくいでしょう。

 

ビフィズス菌の種類を増やす食生活も行うようにすると、くるポンタブレットの効果も実感できるようになるかもしれません。

 

くるポンタブレットの口コミを見てみると、両極端な感想に分かれていました。

 

すぐ効果を実感した!おいしい!と高評価する方もいれば、あまり効果を感じなかった!子どもが食べない!という口コミも。

 

では、あまり効果を得られなかった方はどのような工夫をすれば効果が出やすいのでしょうか。

 

効果が得られない人の間違った飲み方とは

くるポンタブレットで見つかった悪い口コミやイマイチという評価の原因は何なのか、おすすめできない飲み方や間違った飲み方についてご紹介します。

 

ポイントは、くるポンタブレットの力だけに頼り切らないことと、即座に効果のありなしを判断しないこと。

 

健康食品でありがちな誤解が、「これさえ飲んでおけば大丈夫」です。

 

効果に関する口コミ紹介でも解説したとおり、くるポンタブレットでいくらビフィズス菌のエサを取り入れても、ビフィズス菌の種類が少なくては効果が半減します。

 

腸の活動を活性化するには、悪玉菌の多くの種類をカバーできるほど、たくさんの種類のビフィズス菌が必要です。

 

くるポンタブレットだけではなく、ビフィズス菌入りの食品も意識してとるようにしましょう。

 

ビフィズス菌といえばヨーグルトを思い浮かべる方が多いのですが、ヨーグルト製品すべてにビフィズス菌が配合されているわけではありません。

 

パッケージにビフィズス菌配合の文字があるものを選ぶのがポイントです。

 

製品ごとに含まれるビフィズス菌のタイプが異なるので、日替わりで食べてみてはいかがでしょうか。

 

くるポンタブレットは、便秘薬のように必ず即効性が期待できるものではありません。体質から改善していくもので、そのおかげで子どもも安心して使えます。

 

腸内環境が極端に悪い場合は、良い環境へ傾けることからはじまります。

 

人によってその変化を実感できる時期は異なり、数日でお通じが良くなったと感じる方もいれば、数ヶ月かかる方もいます。

 

便秘外来の医師によると、善玉菌を増やして腸内環境を完全に良い状態へ変えるには、半年前後かかるそうです。

 

一方、悪玉菌の増殖は早く、暴飲暴食した次の日には腸内環境は悪化してしまいます。

 

もし、くるポンタブレットを1週間続けてみて効果を実感できなかったのなら、もう少し長く続けてみてください。

 

くるポンタブレットを「効果あり」と評価している方の多くも、1ヶ月以上継続使用した人ばかりでした。

 

この2点の特徴から分かるとおり、くるポンタブレットの効果を引き出すには、ビフィズス菌の種類を食事で増やすことと、継続して飲み続けることが重要です。

 

くるポンタブレットを少しでも安く購入するために、最安値で買えるところを探した結果をご紹介します。

 

店頭で手軽に購入できるのか、通販ならどこが最安値なのか知りたい方は、参考にしてみてください。

 

>>人気のビフィズス菌サプリのランキングを見てみる


 

くるポンタブレットは薬局やドラッグストアで売ってる?

サプリメント類を安く購入するとしたら、やはりドラッグストアや大型スーパー。

 

くるポンタブレットも販売されていないか大手ドラッグストアや大型スーパーをチェックしましたが、取り扱っているところは見つかりませんでした。

 

今のところ、くるポンタブレットを購入する手段は通販のみです。

 

今後、ずっと店頭販売される可能性がないとは言い切れません。

 

しかし、世の中通販のみで長年売れ続けている商品がたくさん存在することを考えると、店頭販売を期待するのは難しいとも言えます。

 

こういった商品は通販だから高いのでは、と心配する必要はありません。

 

通販のみの商品は流通コストを削減できる分、安く販売されているケースが多いです。

 

安定した供給、値段で手に入れられるメリットがあります。

 

どの通販サイトが最安値?安く買えるショップと方法

くるポンタブレットは通販でしか購入できないため、最安値のお店を探すなら各通販サイトをチェックしましょう。

 

ここでは大手通販サイト2社でくるポンタブレットの取り扱いや価格について調べた結果と、最安値サイトをご紹介します。

 

楽天で最安値で買える?取り扱いはある?

楽天でくるポンタブレットを検索した結果、ヒット件数は0でした。

 

公式ショップ以外に小売店などからの出品も取り扱っている楽天ですが、くるポンタブレットを販売しているショップは1軒も見つかりません。

 

メーカー直販の公式ショップもないため、今のところ楽天で購入するのは不可能です。

 

amazonで最安値で買える?正規品はある?

amazonでもくるポンタブレットを検索してみたところ、こちらもヒット数は0件。

 

amazonには個人でも出品可能なマーケットプライス機能がありますが、そちらにも出品はありませんでした。

 

メーカー直営のショップも存在しないため、楽天と同じく実質amazonでの購入も不可能です。

 

公式サイトが最安値で買えるって本当?

楽天やamazonといった大手通販サイトで検索しても、くるポンタブレットの取り扱いはありませんでした。

 

試しに通販専門のオンラインドラッグストアでも探してみましたが、こちらにも取り扱いはなし。

 

くるポンタブレットが買えるのは、メーカー直営の公式サイトのみです。

 

では定価が最安値なのか、というと、実はここに得する方法が隠れています。

 

公式サイトでくるポンタブレットを安く買うには、初回限定のキャンペーンを利用しましょう。

 

公式サイトでは単品買いもしくは定期便のどちらかを選ぶことになりますが、ここで定期便を選んで注文すると、初回分が安くなります。

 

定価より52%引きの税込み1,944円で、1袋(180粒入り)まるまる購入できます。

 

よくあるお試しサイズではなく正規サイズな上、定期便特典として送料無料サービスつきです。

 

ちなみに単品購入の場合は送料300円(北海道や沖縄も同額)かかるため、1袋注文すると合計で税込み4,404円になります。

 

単品買いとの差額は、2,460円。

 

15日間の全額返金保証つきな上、定期便はいつでも停止できるので、安心して安く購入できます。

 

公式サイトで買う場合、単品と定期の価格差はいくら?

くるポンタブレットは通販でしか購入できません。

 

申し込み時は、その都度買う単品買いと、自動的に継続して届けられる定期便のどちらかを選べます。

 

それぞれ1回分あたりの価格は、以下のとおりです。

 

  • 単品買い…税込み4,404円(送料300円込み、割引なし)
  • 定期便…税込み1,944円(送料無料、52%割り引き)※初回のみの価格

 

差額は2,460円と、定期便のほうがかなりお得になっています。

 

ここで注意したいのが、定期便の価格はあくまで初回注文時にのみ適用される金額であるということ。

 

2回目発送分や、以前くるポンタブレットを購入したことのある方の注文分は、この52%引き価格は適用されません。

 

その場合は通常の定期便と同じ割り引き額、定価より26%引きの税込み3,024円(送料無料)の値段になります。

 

くるポンタブレットの定期便の疑問まとめ

ここでは、くるポンタブレットを定期便で購入申し込みする前に知っておくべきことをご紹介しています。

 

返金は可能なのか、定期便解約は難しくないのかなど、先に解消しておきたい不安や疑問がある方はご覧ください。

 

返金は何日まで可能?全額返金保証の条件は?

くるポンタブレットの返金返品は、2通り存在します。

 

単純に不良品が届いたり輸送中の事故で破損していたり、購入者都合だったりと、通常の返品は商品到着後から7日以内の受け付けです。

 

未開封品であることが条件なので、返品希望する場合は届いたときの状態で送り返さなくてはなりません。

 

もうひとつの返品は、初めて購入する方のために用意されている全額返品保証です。

 

こちらは開封済みのものや、食べきってしまった後でも問題ありません。

 

  • 初めてくるポンタブレットを購入した
  • 商品到着から15日以内
  • 到着時の付属品がすべて揃っている
  • 商品もしくは商品パッケージが残っている

 

これらの条件を満たす必要がありますが、使用後でも味や効果に満足できなかった方や体質に合わなかった方には嬉しい保証サービスです。

 

単品買いなど、以前くるポンタブレットを購入したことのある方は、返金保証の対象外になります。

 

また、商品到着時に同梱されていた明細書なども一緒に返送しなければならないため、すぐに捨ててしまわないように注意しましょう。

 

解約はメールで出来る?電話対応について

くるポンタブレットの公式サイトによると、定期便解約は電話で行う必要があるそうです。

 

次回発送予定日の10日前であれば、2回目分からの解約が出来ます。

 

ちなみに電話対応ですが、商品についての質問で電話をかけたときは、多少コール音が続いたものの、それほど待たされることはありませんでした。

 

電話に出た方はハキハキと受け答えしてくれて、慣れたような印象で、電話が苦手な方でも安心して電話できるような対応です。

 

メールでも解約出来るか調べてみましたが、どうやら電話のみ受け付けのようです。

 

メールだと見落としたり、届かなかったりするリスクもあることを考えると、確実に受け付けてくれる電話での解約のほうが安心できそうです。

 

実際に解約手続きする際は、本人確認のために電話番号や住所などを聞かれることがあるので、必要な情報の整理を忘れずに。

 

自分が家電と携帯どちらの電話番号で申し込んだかなど、すぐに分かって応えられるよう、商品明細やメモなどを持って解約手続きの電話をかけましょう。

 

くるポンタブレットの定期便は最低何ヶ月買うの?

定期便と書かれていますが、くるポンタブレットの解約時期に制限はありません。

 

2回目発送分から解約することも出来ますし、逆に1年以上継続することも可能です。

 

初回が安い定期購入はよく「最低3~4回の継続購入が条件です」と書かれているところが多いのですが、くるポンタブレットにはそのような条件はありません。

 

もし1袋だけお試ししたいという方も、定期便を利用してすぐに解約すれば、1回分の最低金額(税込み1,944円)のみでお試し出来ます。

 

くるポンタブレットを一番オトクに買う方法はこれ!

くるポンタブレットを、とりあえず1袋分だけ試してみようと思っている方は、キャンペーンページの定期便がおすすめです。

 

  • 初回分は税込み1,944円
  • 継続する場合は2回目以降は税込み3,024円
  • 商品到着から15日以内は全額返金保証あり
  • 解約は2回目分から可能(実質的に単品買い出来る)
  • 自分でお届けタイミングを選べる
  • 先に単品買いした後は52%割り引きが適用されない

 

キャンペーンページでの定期便申し込みをおすすめするのは、これらの理由があるからです。

 

単品買いよりも価格が安いだけではなく、15日間の全額返金保証がついているので体質に合わない場合も損をすることはありません。

 

そのまま継続すると2回目以降も安くなりますし、電話1本で2回目分から解約することも出来るため、余計な出費をせずに済みます。

 

継続するとしても、毎月受け取るのは予定が立てにくいから嫌だ、という方は、発送タイミングを調節できるサービスを利用しましょう。

 

くるぽんタブレットは180粒入りで、1日の目安量は3~6粒。

 

食べる量を調節すれば、2ヶ月分になります。

 

発送サイクルは15日~60日の間で15日単位で選べるので、こまめに受け取りたい方も少しずつ試したい方も家に溜め込む心配がありません。

 

そして何より、安くなるのが「初回購入者」限定であることが定期便をおすすめするポイントです。

 

先に単品買いしてしまったら、その後に定期便を申し込んでも52%引き価格にはなりません。

 

安く購入したいし、体質に合わないものに無駄な出費はしたくない。

 

このように考えている方こそ、くるポンタブレットを購入するなら定期便を利用してみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

くるポンタブレットは子どももママも安心して飲めることを目標に作られた健康食品です。

 

そのため、便秘薬のような即効性はないものの、お腹に優しい成分で便秘の原因となる腸内環境から改善してくれます。

 

腸内環境が整うと便秘以外の全身の健康にも良い影響が出ます。

 

子どもも妊婦さんも口にできるもので便秘を健康に治したい、原因から改善したいと考える方は、くるポンタブレットを試してみてはいかがでしょうか。

 

>>人気のビフィズス菌サプリのランキングを見てみる


くるポンタブレットの効能・成分【効果なし? 口コミ・評判・最安値まとめ】記事一覧

くるポンタブレットのコンセプトは、ママも子どももすっきり実感できることです。では、プレママの妊婦さんや赤ちゃんも安全なのでしょうか。くるポンタブレットに含まれる成分から、妊婦さんや赤ちゃんが口にしても安全かどうかを検証した結果をご紹介します。参考記事:くるポンタブレットの効能・成分【効果でやすい? 効果なし? 口コミ・評判まとめ】くるポンタブレットの成分は妊婦や赤ちゃんに安全?くるポンタブレットに...

page top