森永のPREMiLの効能・成分【効果なし? 口コミ・評判・最安値まとめ】

森永が販売しているPREMiL(プレミル)は、大人のためのミルクです。

 

どんな特徴があるのか、成分内容やそこから期待できる効果、メリットとともにご紹介します。

 

>>人気のビフィズス菌サプリのランキングを見てみる


 

PREMiLに入っている機能性食品表示の成分とは

PREMiLは赤いパッケージの「毎日のカラダに」と、青いパッケージの「カラダしっかり」の2種類があります。

 

それぞれの特徴を簡単にまとめてみました。

 

まず、赤いパッケージが目印の「毎日のカラダに」は、次のような特徴を持っています。

 

  • 牛乳類ではじめての機能性表示食品
  • 牛乳にビフィズス菌BB536を含んでいる
  • 食物繊維(難消化生デキストリン)入り
  • 低カロリー

 

「毎日のカラダに」の最大の特徴は、牛乳でありながらヨーグルトなど他の乳製品のようにビフィズス菌が含まれていることです。

 

そのため、牛乳類で初の機能性表示食品として届け出がなされています。

 

ビフィズス菌BB536を摂取すると、すでに体内に定着しているビフィズス菌を活性化させたり、エサとなって増殖する手伝いをしてくれます。

 

さらに、ビフィズス菌とともに難消化性デキストリンが配合されているのもポイントです。

 

難消化性デキストリンは食後の血糖値上昇を抑制する効果が注目されがちですが、大腸内でビフィズス菌のエサにもなるものです。

 

ビフィズス菌を増殖させるエサとなる難消化性デキストリンと、体内に定着しているビフィズス菌を活性化させるビフィズス菌BB536。

 

お腹の調子を整えるのに最適な組み合わせの成分内容です。

 

また、これは後に詳しく解説するのですが、一般的な牛乳に比べてかなりの低カロリーです。

 

続いて、青いパッケージの「カラダしっかり」の特徴をご紹介します。

 

  • 低脂肪なのに高たんぱく
  • カルシウム多めで炭水化物少なめ
  • 低カロリー

 

「カラダしっかり」は機能性表示食品の表記に該当するものが配合されていないため、機能性表示食品ではありません。

 

しかし、一般的な牛乳よりも低脂肪ながら高たんぱくな仕上がりとなっており、カルシウムも多めです。

 

低脂肪を希望するなら低脂肪乳や無脂肪乳を選ぶ手もありますが、この2つに比べて炭水化物の量が少なくなっている点も魅力のひとつです。

 

栄養をしっかりとれるように作られているため、一見すると高カロリーになりそうなのですが、実際は通常の牛乳とさほど変わりません。

 

同じ森永から発売されている代表的な牛乳(森永牛乳)と比べると、「毎日のカラダに」と「カラダしっかり」のカロリーは以下のとおりです。

 

  • 毎日のカラダに…120mlあたり64kcal
  • カラダしっかり…120mlあたり80kcal
  • 森永牛乳…200mlあたり133kcal(120mlあたり約79.8kcal)

 

公式サイトでは、森永牛乳は200mlあたりのカロリー表記のみだったため、単純計算で120mlあたりのカロリーを出してみました。

 

ビフィズス菌入りの「毎日のカラダに」は、森永牛乳より10キロカロリー以上少ない数字となり、栄養たっぷりの「カラダしっかり」はほとんど変わりません。

 

このことから、どちらのPREMiLを飲むにしても、カロリーを氣にする必要はなさそうです。

 

ただし、便秘解消や腸内環境改善の目的で飲むなら、断然、機能性表示食品でビフィズス菌BB536配合の「毎日のカラダに」がおすすめです。

 

BB536以外のビフィズス菌サプリメントを摂取している方や乳酸菌サプリメントのみ飲んでいる方は、「毎日のカラダに」でビフィズス菌BB536も摂取してみましょう。

 

人によって、合う乳酸菌やビフィズス菌は異なります。

 

今飲んでいるBB536以外のビフィズス菌サプリメントに効果を実感できないのであれば、BB536を試してみるとお通じが改善されるかもしれません。

 

乳酸菌サプリメントだけだと効果を実感できない方も、ビフィズス菌を摂るととたんにお通じに変化が出る可能性があります。

 

気になるBB536入りのサプリメントがあるのに、高くてお試ししにくいという方も、PREMiLで先にビフィズス菌BB536との相性を見てみてはいかがでしょうか。

 

ビフィズス菌BB536との相性をPREMiLで見てから、それ以外の付加価値(乳酸菌配合や美肌成分入りなど)で購入するサプリメントを決める手もあります。

 

PREMiL「毎日のカラダに」で改善できる症状とは

PREMiLのビフィズス菌BB536入りタイプ「毎日のカラダに」で改善が期待できるのは、以下のような症状です。

 

  • 便秘
  • 下痢や軟便
  • 大腸の炎症による病気
  • 肌あれなど見た目の変化
  • うつ

 

ビフィズス菌BB536をPREMiLで摂取すると、同時に難消化性デキストリンも摂ることができます。

 

ビフィズス菌も難消化性デキストリンも、便秘解消には欠かせない存在です。

 

お腹の中にすでに存在している善玉菌を活性化させたり、エサとなって善玉菌増殖を手伝うことで、腸内環境を改善します。

 

改善された腸内環境は食べ物の消化、便の排出が正常に行われるようになり、便を溜めにくくなります。

 

スムーズな排便は大腸で適度に水分吸収され、直腸へ運ばれるため、下痢や軟便も予防できます。(食べ過ぎなど腸の状態以外による原因を除く)

 

必要以上に便を溜め込まないため、便の腐敗で発生する有毒ガスの量が減り、大腸にダメージを与えなくなるのも重要なメリットです。

 

有毒ガスや硬くなった便によるダメージで大腸が炎症を起こせば、そこから様々な大腸の病気を発症しかねません。

 

たとえば、大腸がんの原因のひとつは、大腸の炎症を繰り返すこと(慢性炎症)で蓄積されたダメージだと病理学の学会でも発表されています。

 

また、大腸に炎症を起こす有毒ガスなどの毒物は、腸壁から血管をとおして全身に運ばれます。

 

全身を巡った有毒物質によって起こる症状のひとつが肌荒れで、他には抜け毛や爪の変形が現れることもあります。

 

そして意外かもしれませんが、腸内環境が心の健康を左右することも近年の研究で明らかになっています。

 

腸内細菌の数はうつ病など心の健康にも影響しており、善玉菌が少ない人ほどうつ病リスクが高いのです。

 

ストレスでお腹を壊すことがあるように、腸と心(脳)は深い関わりをもっています。

 

腸内環境の改善というと便秘解消ばかり想像しますが、実際には、このように全身や心の健康にも効果を発揮します。

 

PREMiLの口コミ・評判で効果と飲みやすさを調査

PREMiLの「毎日のカラダに」に含まれるビフィズス菌BB536の効果と、本当に飲みやすいのかどうかを、口コミを元にまとめてみました。

 

まず、PREMiLを飲んだことで腸内環境改善や便秘解消などの効果を実感できるかどうかの口コミです。

 

  • 便秘にも効くがイライラにも効いている気がする
  • 慢性便秘だったが毎日便が出るようになった
  • 体調が悪いときに飲むとお腹を壊した
  • あまり効果がなかった

 

効果がある方と効果がない方、どちらの声もありました。

 

効果を実感したという方の中には、便秘の夫のために買ったら効果が出たので自分も飲んでみたが、自分はお腹を壊してしまった、との体験談もありました。

 

慢性的な便秘だった方が改善を実感した例があること、便秘でない方が飲むとお腹を壊したことを考えると、人によっては効果が強すぎるようです。

 

PREMiL「毎日のカラダに」にも配合されている難消化性デキストリンは、飲みすぎるとお腹がゆるくなる人もいる成分のため、その影響が考えられます。

 

これはPREMiL「毎日のカラダに」に含まれている難消化性デキストリンが特殊というわけではなく、他の食品にもあてはまることです。

 

そのため、これまで難消化性デキストリンが含まれる食品を口にしてお腹を壊した経験のある方は、PREMiLを飲む量に注意したほうが良いでしょう。

 

1日の目安量は120mlとなっていますが、お腹がゆるくなるようなら、量を少し減らして飲んでみるのもひとつの手です。

 

次は味についての口コミですが、効果以上にバラバラでした。

 

  • さっぱりしていて美味しい
  • 乳脂肪分60%カットなのにちゃんと牛乳の味がする
  • ほんのりヨーグルトっぽい独特の味がする
  • 味が薄い
  • コーヒーに入れてみても味が薄くて飲めない

 

美味しいと感じる方もいれば、薄くて美味しくないと感じる方もいました。

 

PREMiLではない牛乳も商品ごとに味や濃さが違うので、普段飲んでいる牛乳の濃さによっては、PREMiLが美味しくも不味くも感じるのではないでしょうか。

 

普段から濃厚な牛乳を飲んでいる方は、口に合わない可能性があります。

 

効果が得られない人は何が悪い?対策方法について

PREMiLを飲んでみたけれど、期待したような効果が出なかった場合に考えられる原因についてご紹介します。

 

まず、基本的な条件に「健康食品は一定期間以上、摂取し続けなければ効果が出にくい」ことがあげられます。

 

薬のように飲んですぐに効果が合わられるものではなく、穏やかに作用するのが健康食品の特徴です。

 

もし1週間程度PREMiLを飲んでみたのに効果がない場合は、もう2~3週間ほど続けてみましょう。

 

便秘外来を設けているクリニックの医師は、腸内環境を完全に改善するには半年程度かかると語っています。

 

1ヶ月程度でなんらかの変化を感じる人もいるのですが、あまり変化を実感できない方も、半年続ければ改善する可能性はあるのです。

 

とはいえ、サプリメントと違ってダイレクトに味わうことになる食品は、続けるのが難しいデメリットを持っているもの。

 

PREMiLを続けられない理由も、以下のような味に関する悩みがあげられます。

 

  • 牛乳自体がそもそも好きじゃない
  • PREMiLの味が口に合わない

 

PREMiLの味に問題がなくとも、普段から牛乳を毎日飲む習慣のない方や、そもそも牛乳自体が苦手という方には、毎日飲むのが苦痛かもしれません。

 

牛乳は毎日飲めるけれど、PREMiLの味はどうにも好きになれない、という方もいます。

 

実はこのとき、健康に良いからと無理に続けると、かえって腸内環境を悪化させてしまう恐れがあります。

 

その理由は、腸内環境悪化の原因のひとつがストレスにあるためです。

 

牛乳が苦手な方、PREMiLの味が口に合わない方は、無理して飲み続けず、別の方法を試してみましょう。

 

たとえば、味が気にならないサプリメントでPREMiLに含まれる成分と同じものを摂取するのはいかがでしょうか。

 

中にはほんのり風味があるサプリメントもありますが、水でサッと流し込めるので苦痛に感じることはりません。

 

PREMiLである程度の効果を実感したなら、BB536が合っている可能性があるため、同じBB536配合のサプリメントを試してみましょう。

 

PREMiLで効果をまったく実感できなかったのであれば、ビフィズス菌が配合されたサプリメントを試してみるのもおすすめです。

 

森永のPREMiLを激安で買うには、店舗と通販どっち??

PREMiLを購入するなら、店舗と通販のどちらが安いのか調べてみました。

 

ここではPREMiLを最安値で購入する方法と、PREMiLが口に合わない場合の対策方法についてご紹介します。

 

>>人気のビフィズス菌サプリのランキングを見てみる


 

PREMiLはスーパーやドラッグストアで売ってる?

PREMiLの取扱店を調べてみましたが、大型スーパーのイオンをはじめ、多くの小売店で販売されているようです。

 

平均価格は、スーパーで税込み225円程度です。

 

ドラッグストアでも、冷蔵食品を多く取り扱うような大型の店舗を中心に取り扱いがあり、税込み238円程度で購入できます。

 

スーパーやドラッグストアで購入するメリットは、次のようなものがあげられます。

 

  • 1本単位で買える(お試し購入しやすい)
  • 特売日に買うとお得
  • すぐに手に入る
  • ポイントがたまる

 

口コミによると、PREMiLはかなり味に対する印象が別れやすいようです。

 

もしケース単位で通販すると、味が好みでなかったり効果が出なかったときに残った分を処分する方法に悩んでしまいます。

 

賞味期限も長くないため、1本単位で購入できるのは、気軽に始められるメリットではないでしょうか。

 

スーパーごとに設定された日付や曜日にちなんだ特売日を活用すれば、さらに安く購入できます。

 

売り切れさえなければ買いに行ったその日に手に入れられ、ポイントカードを発行しているお店ならポイントも溜まります。

 

一方、以下のようなデメリットがあるのも事実です。

 

  • 取り扱いのある店まで行かなくてはならない
  • 売り切れる可能性もある
  • 価格が安定しない

 

店頭販売されているとはいえ、すべてのお店で取り扱いがあるわけではありません。

 

お店は地域のニーズや客層に合わせて品揃えするため、住んでいる地域によっては遠くの店まで足を運ばなくてはならない可能性もあるのです。

 

また、自力で持ち帰らなくてはならないことから、子供連れなど重い荷物を持ち運びにくい状況にある方には、買い物に行くだけでも大変です。

 

もし頑張って買いに出ても、売り切れていたり天候や流通の関係で入荷していなければ、購入すらできません。

 

特売日で安く購入できる日がある反面、タイミングによっては定価に近い価格で購入しなければならない日も出てくるでしょう。

 

PREMiLのような健康食品は継続することが大切なので、効果を得るには続けて飲む必要があります。

 

もし特売日まで日数があるタイミングで飲みきってしまうと、効果軽減を承知で特売日まで待つか、効果を優先して高い価格で購入する羽目になります。

 

どの通販サイトがPREMiLを最安値で売ってるの?

スーパーなどで購入するほうが手軽という方も多いでしょう。

 

しかし、価格を優先したり、一度に複数購入したりするのであれば、通販を利用するのもおすすめです。

 

家族でPREMiLを飲む方は、通販で購入したほうが安く買える上、重い荷物を持ち帰る必要もありません。

 

この項目では、大手通販サイトでどこがPREMiLを最安値で購入できるのか調べた結果をご紹介します。

 

楽天がPREMiLを最安値で買えるショップ?

楽天でPREMiLを検索してみると、1本単位で購入できるショップの他、6本単位、12本単位で購入できるショップも見つかりました。

 

一見するとお得なようにも、スーパーで購入するのと大差ないようにも見えますが、ひとつ気になるのが送料の存在です。

 

たとえば、1本単位で購入できるショップの場合、PREMiL1本の価格は税込み248円で、送料が別途1,040円かかるそうです。

 

6本単位や12本単位のショップも送料が別となっているところばかりで、送料を含めて計算してみると、1本あたり大体以下のような価格となりました。

 

  • 1本売り…税込み1,288円(送料1,040円込み)
  • 6本売り…税込み2,420円、1本あたり403円(送料930円込み)
  • 12本売り…税込み3,632円、1本あたり302円(送料1,040円込み)

 

同じショップ内で別の買い物がある場合を除き、送料の分だけかえって店頭販売より高くなってしまいます。

 

同じショップで購入する商品が多ければ1本あたりにかかる送料の割合も減りますが、そうでなければ1本につき100円以上余分に支払うことになります。

 

PREMiLの最安値を狙うなら、楽天のショップはあまりおすすめできません。

 

amazonのほうが最安値で買える?

amazonでもPREMiLの取り扱いがあるのか調べてみると、こちらも楽天と大差ない条件での取り扱いでした。

 

在庫を拠点に集めて保管しているamazonでは、まれにマーケットプレイス出品品や食品であっても送料無料で買えることがあります。

 

しかし、PREMiLは送料無料での取り扱いがないもののみ。

 

購入する場合、本体に加えて送料を別途支払う必要がある上、支払い方法も限られてしまいます。

 

そんなamazonでPREMiLを購入した場合の価格は、1本売りで税込み1,252円(送料780円込み)です。

 

送料は配送先によって異なるため、ショップから遠い地域の場合はさらに高額となります。

 

楽天で1本購入した場合の税込み1,288円と大差ないため、amazonでのPREMiL購入もお得とは言い難いようです。

 

公式サイトでPREMiLは買える?

PREMiLを製造販売している森永には公式通販サイトがありますが、PREMiLの取り扱いはありませんでした。

 

森永の通販サイトは健康食品を取り扱うページと、お菓子などの市販品をメインに取り扱うページが存在します。

 

しかし、どちらのページでもPREMiLは取り扱われていません。

 

よって購入するならスーパーやドラッグストアなどの店頭か、楽天やamazonなどの総合通販サイトを利用することになります。

 

楽天やamazonは、前述のとおり送料がかかる分だけ店舗での購入よりかなり高くついてしまいます。

 

いつ売り切れるか分からない不安定さと持ち帰る面倒がありますが、PREMiLを最安値で購入するなら店舗で購入するのが最適です。

 

まとめ

PREMiLは腸まで生きて届く特徴を持つビフィズス菌BB536が含まれている、牛乳で初めての機能性表示食品です。

 

BB536は、サプリメントにも使用されることの多いビフィズス菌です。

 

「気になるサプリメントがあるけれど、高くてお試しする勇気がない」というときにPREMiLを利用する手もあり。

 

先にPREMiLでビフィズス菌BB536との相性を試してから、目的(乳酸菌も摂りたい、美肌になりたい、など)別で購入するサプリメントを選んでみてはいかがでしょうか。

 

>>人気のビフィズス菌サプリのランキングを見てみる


 

森永のPREMiLの効能・成分【効果なし? 口コミ・評判・最安値まとめ】記事一覧

市販されているPREMiLですが、妊娠中の方や赤ちゃんに飲ませても問題はないのでしょうか。成分の特徴から、PREMiLは妊婦さんや赤ちゃんにとって安全な飲み物かどうかを調べてみました。PREMiLは妊婦や赤ちゃんが飲んでも安全?PREMiLは総合的な栄養補給に向いた「カラダしっかり」と腸内環境改善に向いた「毎日のカラダに」の2タイプ展開です。便秘で悩んでいる方は、腸内環境を整える「毎日のカラダに」...

page top