森永のPREMiLは妊娠中や赤ちゃんに飲ませても大丈夫?最適な飲み方とは?

市販されているPREMiLですが、妊娠中の方や赤ちゃんに飲ませても問題はないのでしょうか。

 

成分の特徴から、PREMiLは妊婦さんや赤ちゃんにとって安全な飲み物かどうかを調べてみました。

 

>>人気のビフィズス菌サプリのランキングを見てみる


 

PREMiLは妊婦や赤ちゃんが飲んでも安全?

PREMiLは総合的な栄養補給に向いた「カラダしっかり」と腸内環境改善に向いた「毎日のカラダに」の2タイプ展開です。

 

便秘で悩んでいる方は、腸内環境を整える「毎日のカラダに」のほうがおすすめです。

 

今回は、この「毎日のカラダに」に絞って、妊婦さんや赤ちゃんが飲んでも良いかどうかを調査してみました。

 

PREMiLの「毎日のカラダに」は非常にシンプルな材料でできており、表示されている原材料は以下のとおりでした。

 

  • 乳製品
  • 食物繊維(難消化性デキストリン)

 

機能性表示食品として、ビフィズス菌BB536が表記されています。

 

妊婦さんが摂取するには、アレルギーの問題でもない限り危険なものはなさそうです。

 

ただし、難消化性デキストリンが含まれる以上、注意が必要でもあります。

 

すべての人が当てはまるわけではないのですが、難消化性デキストリンを摂りすぎると下痢になったり、逆に便秘になったりする人がいます。

 

下痢になる理由は難消化性デキストリンの副作用で、もし妊婦さんが下痢になると、子宮に刺激を与えてしまう可能性が高いです。

 

妊娠中は便秘になりやすいことから「むしろ下痢になったほうがスッキリしそう」とたくさん飲もうと思うかもしれませんが、おすすめできません。

 

下痢ではなく便秘になる場合は、難消化性デキストリンの特徴がかかわっています。

 

難消化性デキストリンは水分を吸収するため、もし水分が不足気味な方が難消化性デキストリンを多く摂りすぎると、腸内の水分が減ってしまいます。

 

結果、便も硬くなり出にくくなるのです。

 

PREMiLそのものに具体的な副作用の可能性は記載されていませんが、この難消化性デキストリンを含む以上、妊婦さんは摂取量に注意しなければなりません。

 

ちなみに、赤ちゃんも同様です。

 

赤ちゃんは内臓機能が発達しきっていないため、難消化性デキストリンのように消化機能にかかわる成分は過剰摂取しすぎないように注意すべきです。

 

赤ちゃんが口にできる食品やサプリメントの中にも含まれているため、絶対に避けなくてはならない成分ではありません。

 

PREMiL自体が妊婦さんや赤ちゃんが飲むことを目的として開発されたものではないので、飲む際は1日の目安量より少ない量に抑えるなどの工夫を忘れずに。

 

最適なPREMiLの飲み方とは?

PREMiLは、成分的に妊婦さんや赤ちゃんが飲むのは絶対に禁止すべき、というものではありませんでした。

 

しかし専用の食品でもないため、飲むとしたら体調と相談した上で、最適な量に留めましょう。

 

ここでは赤ちゃんと妊婦さんがPREMiLを飲む際のポイントについて解説しています。

 

赤ちゃんに最適なPREMiLの量と飲み方

 

PREMiLを赤ちゃんに飲ませるときの注意点は、以下のとおりです。

 

  • 母乳やミルク代わりに与えない
  • 目安量より少ない量に留める
  • 一度にたくさん飲ませない
  • 離乳食のタイミングを参考にする

 

PREMiLは赤ちゃん専用のミルクはないため、母乳やミルク代わりに与えることはできません。

 

あくまで補助食品やおやつとして与えるようにしましょう。

 

一日の目安量は120mlですが、赤ちゃんに与える際はこれより少ない量で様子を見ながら量を調節します。

 

最初は一口や二口程度からはじめてみて、味や体質的に問題がないようであれば、もう少し増やしてみましょう。

 

タイミングは、最低でも離乳食に慣れてからがおすすめです。

 

赤ちゃんのうちは体外からビフィズス菌などを摂取しなくても善玉菌が多く腸内に存在するため、無理に摂取する必要はありません。

 

離乳食に慣れて固形物を日常的に口にするようになった頃から、便秘気味になっていたら飲ませてみる、という程度の付き合いに留めてください。

 

予防のために飲むには早すぎますし、あまり過剰に摂取しすぎて腸内で善玉菌が活性化しすぎると、別の問題が出てくる可能性があります。

 

妊婦さんがPREMiLを飲むときの最適な量

PREMiLのパッケージには、「未成年者や妊産婦(妊娠を計画している者を含む)及び授乳婦を対象に開発された食品ではない」と記載されています。

 

成分的に直接的な副作用の問題はありませんが、難消化性デキストリンの特徴を加味した上で量に注意しつつ飲むようにしましょう。

 

  • 目安量以上を飲まない
  • 下痢や便秘の症状が出たら飲むのを止める
  • 飲む前に担当医に相談する

 

PREMiLを選ぶ妊婦さんの多くは、食物繊維(難消化性デキストリン)やビフィズス菌BB536による便秘解消を期待してのことでしょう。

 

少しでも早く便秘解消したいからと、目安量より多く飲むのはおすすめしません。

 

人によっては難消化性デキストリンの特性により、下痢や便秘の症状が出ることがあります。

 

もとから便秘気味の方が飲んだ場合は便秘の症状が出ても気付きにくいかもしれませんが、違和感を覚えたら飲むのを中断して様子を見てみましょう。

 

最も安全な方法は、飲む前に担当医と相談して飲んでも問題ないか、飲むとしたらどれくらいの量が自分に最適かを確認することです。

 

目立った副作用や危険性がないとはいえ、妊娠というデリケートな時期に油断は禁物です。

 

中にははっきりと「妊婦さんが飲んでも安全です」と書かれたビフィズス菌サプリメントなどもあるので、PREMiLにこだわらず、別の商品も検討してみましょう。

 

まとめ

PREMiLは成分的に妊婦さんや離乳食をはじめた赤ちゃんが飲んでも問題はない商品です。

 

しかし、妊婦さんも赤ちゃんもデリケートな時期なので、無理して飲まず、体に合った量や商品を選ぶことが大切です。

 

PREMiLにこだわらず、赤ちゃんや妊婦さんが飲んでも安全と表記されたサプリメントなど、別の商品による便秘対策も視野に入れてはいかがでしょうか。

 

>>人気のビフィズス菌サプリのランキングを見てみる


page top