善玉ガードは妊娠中や赤ちゃんの便秘に飲ませても大丈夫?最適な飲み方とは?

ホルモンバランスが大きく変わる妊娠中は便秘になりやすい時期です。

 

赤ちゃんも便秘に悩まされることがあります。

 

善玉ガードは妊婦さんや赤ちゃんも利用できるのでしょうか。

 

妊娠中、赤ちゃんの利用について解説します。

 

毎日、スッキリできない方などは参考にしてください。

 

>>人気のビフィズス菌サプリのランキングを見てみる


 

 

善玉ガードは妊婦や赤ちゃんが飲んでも良い?

基本的に、妊婦さんも善玉ガードを利用できると考えられます。

 

善玉ガードは、栄養補助食品、つまり食品に分類されるからです。

 

食品なので、アレルギーを起こさない大人であれば利用できます。

 

ただし、妊娠中はデリケートな時期です。

 

普段は起こさないトラブルを起こす恐れはあります。

 

妊婦さんは、念のため医師に相談してから善玉ガードを利用しましょう。

 

子どもの利用は2歳頃からオススメされています。

 

2歳頃から食習慣が原因でトラブルを抱え始める子どもが増えるからからです。

 

これより小さな赤ちゃんの利用はオススメされていません。

 

2歳未満の赤ちゃんは利用を控えたほうが良いでしょう。

 

それぞれの最適な飲み方とは?

妊婦さんと赤ちゃんは、どのように善玉ガードを利用すればよいのでしょうか。

 

最適な飲み方を解説します。

 

妊婦さんに最適な量と飲み方

医師に相談してから利用することがオススメされているので、妊婦さんの最適な量は医師に相談して決めるのが最善と考えられます。

 

利用の許可を得て特別な指示がなければ、1日の適量は3粒です。

 

根拠は、メーカーが1日の目安量を3粒に設定していることです。

 

妊娠しているかといって、この量が増えることも減ることもありません。

 

飲み方に特別な決まりはありません。ヨーグルト味の食品なので、おやつ感覚で食べることが勧められています。

 

重要なポイントは、毎日、忘れずに飲み続けることです。

 

朝食後など、決まったタイミングで飲む習慣を身につけると忘れづらくなります。

 

赤ちゃんに最適な量と飲み方

2歳以降の子どもの適量も大人と同じです。

 

1日3粒を目安に摂ることが勧められています。

 

ヨーグルト味の食品なので、小さな子供でも抵抗なく飲めるはずです。

 

1度に3粒が難しい場合は、3回に分けて飲んでも構いません。

 

調子がいい時も補い続けることで、トラブルを遠ざけられます。

 

子供も忘れずに摂り続けることが重要です。

 


 

まとめ

善玉ガードは、乳酸菌LCKT11と生ビフィズス菌BB536 などを配合した食品です。

 

アレルギーを起こさない大人であれば誰でも利用できると考えられます。

 

ただし、妊娠中はデリケートな時期です。

 

普段は起こさないトラブルを起こすかもしれません。

 

妊娠中に利用したい方は、念のため医師に相談しましょう。

 

医師に相談するときは適量や飲み方についても確認しておきましょう。

 

特別な指示がなければ、目安量は1日3粒です。

 

好きなタイミングで摂って構いません。

 

子どもは2歳以降の利用が勧められています。

 

これより小さな赤ちゃんは控えたほうが良いでしょう。

 

子供の適量も1日3粒が目安です。

 

ヨーグルト風味の食品なのでおやつ感覚で飲めるはずです。

 

妊婦さんも子どもも続けることが重要です。

 

トラブルを感じないときも忘れずに継続しましょう。

 

>>人気のビフィズス菌サプリのランキングを見てみる


page top