黒糖抹茶青汁寒天ジュレの効果を体感! 実際に飲んだ口コミレビュー

 

もともと便秘体質の8歳の娘ですが、気が付けばもう1週間も出ていない。

 

お腹が張って食欲なし。

 

不快感からでしょうか、すぐにイライラしたり、勉強に集中できなかったり。

 

毎朝ヨーグルトを食べるなど努力はしていても

 

それでも、出ない(悲)

 

便秘解消にはオリゴ糖入りの青汁いい!

 

と聞いたのでいろいろと試してみました。

 

しかし、青汁独特の色が子供の目からしたらとっても不気味らしく、「まずそうだからイヤだ!」と拒否反応されてしまいました。

 

そんなとき、雑誌の口コミで見つけたのが『黒糖抹茶青汁寒天ジュレ』でした。

 

『黒糖抹茶青汁寒天ジュレ』は、もちろん青汁です。

 

しかし、ジュレなので水やシェイカーボトルなしでいつでもどこでもスルッと食べやすいし、とてもおいしいらしいです。

 

これだったら青汁が苦手な娘も食べてくれるかも!

 

黒糖抹茶青汁寒天ジュレが美味しい理由!

『黒糖抹茶青汁寒天ジュレ』は毎日食べ続けられるよう、おいしさにこだわりを持って作られました。

 

おいしさのこだわり3つのポイント

『黒糖抹茶青汁寒天ジュレ』のおいしさへのこだわりは3つあります。

 

 

“食のプロ”からのアドバイス

黒糖抹茶青汁寒天ジュレを作るにあたり、料理家やパティシエ、フードコーディネーターなど5人の“食のプロ”と呼ばれる人たちのアドバイスをもとに作られました。

 

5人全員が納得するまで改良を重ねた結果できあがった味です。

 

「青汁と同様の栄養価を持ちながら、青汁よりも断然おいしい!」

 

そんなジュレに仕上がったのは陰で支えた“食のプロ”のおかげです。

 

甘ったるくない!自然な甘み

見た目はまるでスティック型のようかんのようですが、甘ったるさはまったくなし。

 

スッキリとした上品な味わいです。

 

抹茶やクマイザサを使用しているため、甘さこってりではなく、さわやかさを感じます。

 

封を開けた瞬間から、抹茶のような、笹のような、心が落ちつく香りがします。

 

上白糖を使っていないのでカロリーも控えめです。

 

これだったらダイエットが気になる人でも罪悪感なしでいただけそうですね。

 

青臭さのない青汁を使用している

青汁というと独特の苦みや青臭さがあるのでは?と心配になる人もいるかと思います。

 

しかし、天然のクマイザサを使用しているので大丈夫です。

 

青汁独特の青臭さや苦みなどはまったく感じません。

 

これだったら、青汁嫌いな人でも毎日継続していただくことができるでしょう。

 

素材もこだわりがいっぱい

『黒糖抹茶青汁寒天ジュレ』はおいしさだけでなく、素材に対してもこだわりがいっぱい!

 

素材へのこだわり理由は、安心して食べてほしいから。

 

特に以下の3つの素材に注目してください。

  • 天然のクマイザサ粉末
  • 40種類の植物原料発酵エキス
  • 黒糖・ココナッツシュガー

 

1つひとつ説明していきますね。

 

天然のクマイザサ粉末

お腹をスッキリ、肌を綺麗にする基盤といえば食物繊維ですよね。

 

クマイザサにはとても多くの食物繊維が含まれています。

 

その含有量は

 

  • さつまいもの29倍
  • レタスの60倍

 

食物繊維含有量が断トツに多いこれらの野菜たちよりも数十倍多くの食物繊維がクマイザサには含まれているのです。

 

この食物繊維含有量の多さが分かると便秘に効果的な理由が分かるような気がします。

 

食物繊維の他にも

 

カロチンはかぼちゃの16.6倍ですし、ビタミンEは大豆の8.7倍です。

 

カルシウム、鉄分などのミネラル成分も豊富に含まれています。

 

そして、“クマイザサは北海道産!”という産地へのこだわりも!

 

全国どこの山中にもクマイザサは自生されています。

 

その中でも高品質といわれる北海道産のものをわざわざ北海道から取り寄せています。

 

40種類の植物原料発酵エキス

明日葉、カボチャ、アスパラガス、キャベツ、人参、ゴボウ、インゲン…など40種類もの植物原料を長期培養、熟成してできた発酵エキスを配合しています。

 

栄養が20倍にギュッと凝縮されたエキスだから、これだけでも栄養満点です。

 

腸内環境改善だけでなく、野菜不足がちで栄養バランスが偏りがちな人にもってこいでしょう。

 

黒糖・ココナッツシュガー

コクでまろやかな独特の甘さを持つ「黒糖」は意外と子供ウケする甘さです。

 

しかもその栄養価は上白糖に比べはるかに高く

 

  • カリウムは上白糖の550倍
  • カルシウムは上白糖の240倍

 

ミネラル成分をたっぷり含んでいて体にとてもいい!

 

黒糖の効能として、貧血予防、骨の強化、腸内の善玉菌を増やすなど、健康維持に繋がりますね。

 

黒糖抹茶青汁寒天ジュレにはココナッツシュガーも配合されています。

 

ココナッツシュガーは、ココナッツ花蜜をじっくりと煮詰めてつくったもの。

 

香ばしくまろやかな甘さが特徴で、アミノ酸、ビタミンC、ビタミンB群、カリウムやカルシウムなど、こちらも黒糖と同様にミネラル成分がたっぷり。

 

黒糖、ココナッツシュガーともに、健康にも美容にも良い甘味成分といえますね。

 

唯一残念な点は使っているオリゴ糖の種類

便秘解消のためには、腸内環境を整えて善玉菌を増やすことが大切です。

 

腸内環境を整えるためにはどうすればいいか?

 

それは、食物繊維+オリゴ糖。

 

この両方が含まれた食材を摂取することがポイントとなります。

 

『黒糖抹茶青汁寒天ジュレ』には、水溶性食物繊維がたっぷり配合されています。(成分名:難消化性デキストリン)

 

では、オリゴ糖はどんな種類を使っているのか?

 

【イソマルトオリゴ糖】でした。

 

イソマルトオリゴ糖は善玉菌の一種であるビフィズス菌を活発にし、増加させる働きを持っています。

 

しかし、残念ながら腸内に届く前に消化されてしまうという弱点を持っています。

 

腸内に生きたまま届かなければ、腸内環境改善に役立つことができない。

 

これでは摂取する意味がなくなりますよね。

 

“食物繊維+オリゴ糖”で腸内環境改善を図りたいと思うなら、オリゴ糖の質を考えた方がよいです。

 

腸内環境改善に効果があるオリゴ糖は、難消化性タイプのものです。

 

オリゴ糖には消化性のものと難消化性ものがあります。

 

消化性のものはその名の通り胃で消化されやすいもの。

 

難消化性のものは胃酸に強いため、胃酸で消化されずに生きたまま腸まで届く性質があります。

 

難消化性タイプのオリゴ糖で有名なのが【乳果オリゴ糖】です。

 

乳果オリゴ糖は、別名ラクトスクロースとも言われ、母乳に含まれる成分で作られているので安全性は保障済みです。

 

色々な種類の青汁が販売されていますが、乳果オリゴ糖が配合された青汁といえば、『濃い藍の青汁』です。

 

もし、本格的に腸内環境改善を考えておられるなら、『濃い藍の青汁』をおススメします。

 

>>濃い藍の青汁のキャンペーンを見てみる


 

実際に「黒糖抹茶青汁寒天ジュレ」を飲んでみたレビュー

黒糖抹茶青汁寒天ジュレの味や効果を試してみたくて商品を注文してみることに!

 

娘のために購入した商品ですが、今回は私自身が試してみたレビューをお届けしますね。

 

商品が届きました。

 

こちらが1ヶ月分(30包入り)です。

 

 

ずっしりと重みを感じます。

 

450グラム(15グラム×30包)入っているから重いはずですよね。

 

 

商品の裏にある原材料名のトップに記載されているのが「難消化性デキストリン」別名:水溶性食物繊維です。

 

こちらは、腸内環境を整え便秘を解消するだけでなく、糖や脂肪吸収を穏やかにしてくれるのでダイエット効果にも繋がるらしいです。

 

では、箱を開けてみましよう。

 

 

ずらりときれいに30包が並べられています。

 

これは取り出しやすそうですね。

 

 

1包を取り出してみました。

 

小分けされていて細長いスティック状です。

 

持ち運びしやすいのでバックに忍ばせて外出先でも食べられますね。

 

 

ハサミを使わなくても手で簡単に封が切れました。

 

ゼリーが飛び出さないように軽くゆっくりと押し出してみます。

 

 

口に入れた瞬間、「甘酸っぱい」と感じました。

 

抹茶や黒糖など和風テイストな素材を使っていながら、このさわやかな甘さはとても意外でした。

 

ツルッと口に入っていくので食べやすいです。

 

まるでこんにゃくゼリーのような感触です。

 

青汁の主原料がクマイザサですから、苦みも青臭さも全くなし。

 

ケールや明日葉は苦みを感じるけど、これだったら子供でも大丈夫そうです。

 

実際に娘にも食べさせてみることに!

 

青汁が苦手な娘もこちらゼリー感覚でつるりといただきました。

 

子供ってとても正直です。

 

どんなに「栄養がたくさん入っているんだよ」とか「便秘が解消するから食べてね」と一生懸命に説得してもおいしくないと食べてくれない。

 

でも、おいしかったら自分から率先して食べてくれる!

 

継続して食べ続けるには、やっぱり「おいしさ」が不可欠だと感じました。

 

娘には、1日に1包、毎日夜寝る前に食べる習慣を身につけさせました。

 

1ヶ月間食べ続けた結果、2日に1回ペースでスッキリが実現できているようです。

 

スッキリ効果からか、朝からご機嫌な日々が続いています。

 

まとめ

以上が『黒糖抹茶青汁寒天ジュレ』を飲んでみた感想と商品情報のご紹介でした。

 

  • 青汁独特の苦みや青臭さはまったくなし
  • スティック状の小分けタイプだから外出先でも食べられる
  • 粉末タイプのように水やお湯で割る手間がいらない
  • 忙しい人でもおやつ感覚で食べられる

 

『黒糖抹茶青汁寒天ジュレ』は、「便秘で悩んでいたけど、青汁は苦手だし」という人にもってこいの食べるタイプ青汁です。

 

野菜不足による便秘や肌荒れで悩んでいる人に嬉しい成分がぎっしりと入っています。

 

『黒糖抹茶青汁寒天ジュレ』を定期コースで注文すると、1箱4,320円のところ初回はなんと2,160円と半額で試すことができちゃいます。

 

「栄養満点の青汁をおやつ感覚で食べてみたい!」と興味を持った人はぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

page top