はぐくみオリゴの効能・成分

妊娠・出産・子育てママに役立つ商品を販売している「はぐくみプラス」から、高純度の5種類のオリゴ糖を配合した『はぐくみオリゴ』が販売されています。

 

「自然由来の濃密なオリゴ糖でスッキリできた!」と妊娠中の女性や子育てママから人気のオリゴ糖のようです。

 

ここでは、『はぐくみオリゴ』の効能・成分について調べてみました。

 

はぐくみオリゴ飲むことになったきっかけ

今まで便秘とは無縁だったのに、子供を授かったとたん、ぜんぜんスッキリしない。

 

体の中に老廃物が残ったままだと悪い成分までお腹の赤ちゃんに吸収されてしまわないか心配になりました。

 

つわりもあるので食物繊維豊富な食べ物を大量に食べられないし…。

 

そんなとき、近所の先輩ママさんから「私はこれで妊娠中の便秘を解消したよ」と勧められたのが『はぐくみオリゴ』でした。

 

生まれたての赤ちゃんが口にしても安心な高濃度の複数のオリゴ糖が配合されており、ほんのりした甘さが人気の秘密らしいです。

 

いったい、どんな成分(オリゴ糖)が便秘を解消してくれるというのでしょうか。

 

気になったので『はぐくみオリゴ』のことをいろいろ調べてみました。

 

 

はぐくみオリゴに入っている、すごい成分を解説!

一般的なオリゴ糖は1種類のものを厳選して配合しています。

 

そんな中、『はぐくみオリゴ』は5種類のオリゴ糖が配合されています。

 

なぜ、5種類ものオリゴ糖を入れているかというとスッキリの実感をより多く感じられるためです。

 

腸内に棲んでいる善玉菌は約3000種類もあり、それぞれオリゴ糖の好き嫌いがあります。

 

1種類のオリゴ糖を腸内に運んでも一部の善玉菌しか好まれません。

 

だから、善玉菌は十分に増えないため、腸内環境は改善されずにスッキリも実感できないでしょう。

 

『はぐくみオリゴ』は、何種類もあるオリゴ糖の中から厳選したものを5つ選び、特殊製法でブレンドしては配合率を変え、何度もモニター調査を実施してやっとできた逸品です。

 

それでは、『はぐくみオリゴ』に配合されているそれぞれのオリゴ糖とその特徴をご紹介しますね。

 

乳果オリゴ糖

牛乳の中に含まれる乳糖とサトウキビに含まれるショ糖を原料としたものが乳果オリゴ糖です。

 

オリゴ糖の中で最も砂糖に近い甘みを持っています。

 

消化酵素で分解されない難消化性なので、大腸までしっかりと届き、ビフィズス菌を増やし、悪玉菌の発生を抑制する働きがあります。

 

ガラクトオリゴ糖

ガラクトオリゴ糖は、母乳に多く含まれるさわやかな甘みが特徴のオリゴ糖のこと。

 

『はぐくみオリゴ』は、牛乳から抽出したガラクトオリゴ糖を使っています。

 

難消化性なので胃や小腸で消化されないまま大腸までしっかり届きます。

 

大腸まで届いたオリゴ糖は、ビフィズス菌のエサとなり、腸内環境を改善させる働きがあります。

 

ビフィズス菌増殖により、有機酸が生成され、その結果ミネラルの溶解度が高まり、カルシウムやマグネシウムなどミネラルの吸収を促進してくれます。

 

2015年にアメリカで行われた実験では、ガラクトオリゴ糖を多く摂取した人ほど、空腹感や食欲が減ったという報告がされています。

 

キシロオリゴ糖

『はぐくみオリゴ』は、麦わらの食物繊維を酵素で分解して作られたキシロオリゴトウを使用しています。

 

キシロオリゴ糖の特徴は、1日0.4グラムの摂取でビフィズス菌増殖、0.7グラムの摂取で便秘を解消できるところです。

 

ごく少量でビフィズス菌を活性化できるとあってオリゴ糖の中でも最も効率的な働きをする貴重なオリゴ糖といえます。(ほかのオリゴ糖は1日2~3グラム必要)

 

ただし、すべてのビフィズス菌を増やせるわけはないため、キシロオリゴ糖を単独で接種するよりも、さまざまな種類のオリゴ糖とともに摂取したほうが効果的です。

 

ラフィノース

『はぐくみオリゴ』は、甜菜から抽出したラフィノースを使っています。

 

難消化性なので胃や小腸で消化吸収されることなく、大腸までしっかりと届いてビフィズス菌のエサとなり、ビフィズス菌そのものを効率的に増やす働きがあります。

 

甘みは砂糖の20%程度と低く、上品な甘さです。

 

フラクトオリゴ糖

『はぐくみオリゴ』に含まれるフラクトオリゴ糖は、さとうきびから抽出されました。

 

難消化性のオリゴ糖なので消化されずに大腸まで届き、ビフィズス菌を増やし、腸内環境を整えます。

 

虫歯菌のエサにならないオリゴ糖なので、子供にも安心して与えることができます。

 

悪玉菌の増殖を抑える酢酸、元気な腸粘膜を維持して腸のバリア機能を高めるプロピオン酸、酪酸などの腸内環境を良好にする物質をたくさん作ることが可能です。

 

以上が『はぐくみオリゴ』に含まれている成分(オリゴ糖)の紹介でした。

 

 

はぐくみオリゴで改善できる症状とは

『はぐくみオリゴ』をヨーグルトや飲み物の中に入れて摂取すると体にどのような効果があらわれるのでしょうか。

 

公式サイトやネット上での口コミ情報収集から『はぐくみオリゴ』で改善できる症状を集めてみました。

 

自然なお通じがでた

3か月以上飲用されている愛用者200人に調査したところ(2014.5)「毎日スッキリできた」という人が76.1%、「以前よりスッキリできた」という人が13.1%もいたそうです。

 

『はぐくみオリゴ』に配合されている5つのオリゴ糖はすべて難消化性のもの。

 

難消化性のオリゴ糖は、消化酵素によって分解されることなく、大腸までしっかり届くため、ビフィズス菌のエサとなり、腸内のビフィズス菌の増殖、活性化させることができるのです。

 

腸内のビフィズス菌が活性化することで、悪玉菌は減っていき、便通の改善や便臭の軽減を実感できるようになります。

 

特に注目すべきは、「自然に出る」というところです。

 

センナ茶やキャンドルプッシュ茶など、便秘改善に効果がある植物のお茶も人気ですが「お腹が痛くなる」という点がネックだったという声がちらほら聞こえます。

 

便秘が解消してもお腹が痛くなり、体調が不良になっては意味がありませんよね。

 

しかし、『はぐくみオリゴ』の場合、「下痢やお腹に痛みを伴うことなく、自然なお通じができた!」という口コミ情報が多かったですね。

 

美肌効果、ダイエットサポート

普段使っている砂糖を『はぐくみオリゴ』に変えたことで美容にも効果があるようですね。

 

老廃物が排出されて体の巡りがよくなると肌の調子も整ってきます。

 

肌の吹き出物やガサガサだった肌がつるつるで以前よりきれいになったと実感している女性もいます。

 

『はぐくみオリゴ』は砂糖の4分の1のカロリーです。

 

しかも、難消化性のオリゴ糖を使っているので消化吸収されずに大腸まで届きます。

 

「低カロリー」「難消化性」ということでダイエットサポートにもってこいですよね。

 

実際に便秘解消効果も手伝って「今までパツパツだったスカートのウエスト部分がゆるくなった」との声も上がっています。

 

そのほか、「健康診断で糖の数値が下がり、再検査の必要がなくなった」という年配の方の感想も公式サイトで載っていました。

 

このように実体験から『はぐくみオリゴ』は、子供からお年寄りまで家族みんなの健康をサポートしてくれるオリゴ糖ということが分かりました。

 

類似品『カイテキオリゴ』の違いは?

複数のオリゴ糖が配合されていて妊婦や赤ちゃん向けのオリゴ糖といえば、『カイテキオリゴ』という商品も有名ですよね。

 

『はぐくみオリゴ』と『カイテキオリゴ』この2つのオリゴ糖の違いをまとめてみました。

 

原料(成分)

『はぐくみオリゴ』には、5種類のオリゴ糖が配合されております。

 

『カイテキオリゴ』は、6種類のオリゴ糖を厳選し、EOS理論という独自の技術を採用し、オリゴ糖だけでなく、食物繊維やショ糖も若干入れています。

 

共通で含まれているオリゴ糖が2種類(フラクトオリゴ糖、ラフィノース)

 

どちらにしても自然由来のもので添加物は一切使われていない高純度のオリゴ糖です。

 

そして、どちらとも原料や製品の放射線レベル検査を定期的に行っており、セシウムやヨウ素は検出されていません。

 

だから、妊婦さんや赤ちゃんが飲んでも安心安全の原料(素材)といえます。

 

オリゴ糖の量(一日の使用めやす)

内容量はどちらも1袋150グラムですが、1日に使用する量はそれぞれの公式サイトの情報によると異なっておりました。

 

『はぐくみオリゴ』は、1日5~10グラムで『カイテキオリゴ』は1日5グラムという目安です。

 

『はぐくみオリゴ』で、1日5グラム使用の場合は1か月間持ちますが、10グラム使用した場合は半月(15日)しか持たないことになります。

 

『カイテキオリゴ』の場合は、1日5グラムなので1か月間持つことになります。

 

もし、『はぐくみオリゴ』で1日10グラム使用し続けた場合は、『カイテキオリゴ』の方がお得となるでしょう。

 

ただし、これはあくまでもそれぞれの会社側の目安です。

 

大事なのは、お腹の調子によって量を調節していくことなので参考適度に考えてくださいね。

 

オリゴ糖の質感

オリゴ糖の質感は全く違います。

 

『はぐくみオリゴ』は、ふわふわの細かな粒子でまるで片栗粉のようなこっくりとしたしっとりパウダーです。

 

冷たい飲み物はうまくコツをつかまないとダマになる場合があります。

 

『カイテキオリゴ』は、さらさらとした粒子です。

 

冷たい飲み物に溶かすとざらつきが残る場合があるので、スプーンでしっかりと混ぜることがポイント!

 

カイテキオリゴは、“固まらない配合比”がウリの商品です。

 

口コミでも「最後のひとさじまでサラサラで使いやすい」と好評でした。

 

オリゴ糖の甘さ・カロリー

どちらもあっさりした甘さで低カロリーです。

 

『はぐくみオリゴ』は、綿菓子のようなほのかでやわらかい甘さ。

 

カロリーは100グラム当たり、276.8キロカロリーです。

 

『カイテキオリゴ』は、砂糖の4分の1の甘さというだけあって、あっさりした甘さです。

 

カロリーは100グラム当たり、210.0キロカロリーでした。

 

 

『はぐくみオリゴ』方が、甘みがあるので砂糖代わりに飲み物に入れる場合は適していると思います。

 

ダイエット中で摂取カロリーを気にする人は『カイテキオリゴ』を選んだ方がよさそうです。

 

どちらも砂糖に比べてカロリーが低いのでお好みのお味の方を選んでください。

 

 

 

以上が『はぐくみオリゴ』と『カイテキオリゴ』との比較まとめでした。

 

複数のオリゴ糖を厳選して配合している点では同じですが、味や質感に若干の違いがあるのが分かりました。

 

どちらがいいのか単純に判断できない場合は、1袋ずつ購入してみて自分の腸内とオリゴ糖の種類に合ったものを選ぶのがベストかと思います。

 

 

 

はぐくみオリゴの口コミ・評判

実際に『はぐくみオリゴ』を試してみた人はどんな感想をお持ちなのでしょうか。

 

良い口コミ、悪い口コミ、それぞれの情報を集めてみたので参考にしてください。

 

 

朝から快調!便秘薬が必要なくなった

学生のときのダイエットがきっかけで便秘症気味になり、たまに便秘薬に頼っていました。

 

「便秘薬を乱用すると大腸が働かなくなる」と健康雑誌で知り、不安を感じていろいろと情報収集をしていたところ、『はぐくみオリゴ』を発見!

 

最初は「本当にオリゴ糖で効果あるの?」と疑っていました。

 

実際に最初のうちはぜんぜんスッキリが実感できなかったです。

 

でも、3か月間は辛抱強く続けてみようと頑張って継続したところ、2か月目に入った頃から、毎朝スッキリが続いたのです。

 

便秘薬のように無理やり出す感じではなく、自然にスッキリできるのは本当に気持ちいいです。


 

 

肌もきれいに、風邪もひきにくくなった

はぐくみオリゴを1日10グラム(スプーン2杯)ヨーグルトやキムチに入れて食べています。

 

1か月くらいしたらバナナのような健全な便が出るようになりました。

 

便秘が治ったら、肌のブツブツも治ったし、口内炎もできないし、風邪も前よりひかなくなった気がします。


 

 

ダマになりやすいから使いにくい

紅茶やコーヒーなど温かい飲み物だとすんなり解けるのに、ヨーグルトなど冷たいものに混ぜていただくときは、固まってしまうのが気になります。

 

ヨーグルトなど乳酸菌と一緒に食べると効果倍増と聞いたので期待して購入したのに…。

 

その点がとても残念です。


 

 

2週間試したのに変化が見られない

産後から頑固な便秘に悩まされています。

 

母乳育児ということで自然由来のオリゴ糖で便秘解消しようと1袋購入しました。

 

まろやかで甘ったるくない甘みが気に入って使い続けて2週間経ちますが、便秘でスッキリ!という感動まで至っていません。

 

せっかく買ったので1袋使い切ってみますが、それでも効果なかったらもうやめます。


 

効果が得られない人は何が悪い?

『はぐくみオリゴ』は、薬ではなく、食品(オリゴ糖)です。

 

薬のように飲んですぐに効果があらわれるというものではありません。

 

腸内環境を整える(悪玉菌を減らし、善玉菌を増やす)には、腸内フローラの改善できる時間(期間)が必要となります。

 

個人差はありますが、一般的に1~3か月間必要と言われています。

 

腸内フローラが改善する前に『はぐくみオリゴ』の使用をやめてしまえば、当然ですが効果はあらわれないままに終わってしまうでしょう。

 

最低でも1~3月間は飲み続けてみて、全く何も変化が見られない場合は、腸内にいるビフィズス菌と『はぐくみオリゴ』に含まれているオリゴ糖の相性が合わないのかもしれません。

 

その場合は、ほかのオリゴ糖に変えてみるとよいでしょう。

 

すぐに結果を求めたりせず、とりあえず1~3か月間は根気強く毎日試してみてください!

 

 

はぐくみオリゴを最もお得に購入する方法はこれ!

腸内環境を改善するには、『はぐくみオリゴ』を根気よく続けることが大事ということが分かりました。

 

そこで気になるのが、『はぐくみオリゴ』のお値段です。

 

『はぐくみオリゴ』は、通販限定で販売されています。

 

楽天市場やAmazonでの最安値をリサーチしたところ

 

楽天市場では1袋3,873円(送料無料)が最安値でした。

 

Amazonの最安値は、1袋3,680円(送料は別途かかる)でした。

 

通常価格が3,680円なので楽天市場、Amazonともにお買い得とは言えませんよね。

 

では、公式サイトではいくらで販売されているのでしょうか?

 

単品だと通常価格の3,680円ですが、定期便を利用するとかなりお得なのが判明!!

 

なんと初回に限り、50%オフの特別価格1,840円で試すことができます。(送料無料、代金引換無料)

 

2回目以降は2,944円です。

 

10日間返金保証制度もあるので体に合わなかったという場合も安心してお試しできます。

 

定期便特有の「〇か月継続が条件」という制約は一切ないので、1か月続けてみて体に変化が見られない、効果を実感できないという場合は、解約しても大丈夫ということです。

 

ただし、先ほどもお伝えしたとおり、腸内環境が生まれ変わるには1~3か月くらいかかるといわれているので、最低でもこの期間は続けてみた方が実感しやすいでしょう。

 

 

まとめ

以上が『はぐくみオリゴ』の効能、成分のまとめでした。

 

初回のみ半額で試せる!お得な定期便で試してみてから3か月が経ちました。

 

毎日ではありませんが2日1回ペースでスッキリが続いているので私には効果ありました。

 

甘みを楽しめるのにカロリーが低いので太り過ぎ防止にとても役立っています。

 

安定期に入りましたがこれからもお腹の赤ちゃんのためにも摂り続けていきたいですね。

はぐくみオリゴの効能・成分【効果なし? 口コミ・評判・最安値まとめ】記事一覧

5種類のオリゴ糖が配合されていて、便秘対策として人気の「はぐくみオリゴ」。無香料、無着色で、オリゴ糖が100%なのでお子さんでも安心して摂ることができます。様々なお店で販売している「はぐくみオリゴ」。同じ商品を買うなら最安値でお得に買いたいですよね!また、「店舗でも買えるの?」など買い方についての疑問もあるでしょう。そこで、ここでは、「はぐくみオリゴ」を最安値でお得に買う方法を詳しく解説します。知...

オリゴ糖は善玉菌のサポートをして、腸内環境を整えてくれるので便秘対策に効果的です。その中でも「はぐくみオリゴ」は、無添加のオリゴ糖で妊婦さんでも安心して飲めると人気です。「はぐくみオリゴ」は公式ショップで買うのがおすすめですが、買い方によって値段が大きく変わります。定期購入もできますが、「解約が面倒では?」など不安に思う人もいるでしょう。ここでは、「はぐくみオリゴ」の買い方について、詳しく解説しま...

赤ちゃんや妊娠中のママの安心な便秘対策として人気のオリゴ糖。オリゴ糖が乳酸菌など腸内の善玉菌をサポートして便秘を改善してくれます。しかし、赤ちゃんや、赤ちゃんがおなかの中にいる妊娠中のママはどんなオリゴ糖でもいいというわけではありません。オリゴ糖の製品をちゃんと選ぶことが大切です。妊婦さんや赤ちゃんが安心して飲めるオリゴ糖として人気なのが「はぐくみオリゴ」です。ここでは、「はぐくみオリゴ」が赤ちゃ...

元々、体に良い砂糖の代用品を探していた私。今回実際に試してみた結果、はぐくみオリゴの良さを実感したので紹介したいと思います。1週間試しに、はぐくみオリゴを砂糖代わりに使用したり、ドリンクに混ぜて飲んでみました。その結果、はぐくみオリゴはとくに「料理や飲み物に手軽に混ぜて摂りたい人」と、「食べ物の味をあまり変えたくない人」におすすめだと思いました。私がはぐくみオリゴを選んだ理由私は幼少の頃から昼食に...

page top